k-popの曲 レビュー 評価~あなたの好きな曲は☆いくつ?

ジャンル問わず音楽をこよなく愛する素人がkpopについてペチャクチャ感想をいいつつ、勝手に神様の視点で★をつけている生意気なブログ

kpop雑食オタがYouTube Musicに入ってみたーApple Musicと比較ー

kpop雑食オタがYouTube Musicに入ってみたーApple Musicと比較ー

YouTube Music

YouTube Music

  • Google LLC
  • ミュージック
  • 無料

結論ー私の場合はこうなった

Apple Musicの方が個人的には好きでした。なのでYouTube musicは解約しました。
YouTube Musicは癖があります。UIもなんとなく変わっていて使いづらいというのが感想。

メリット

以下、YouTube MusicもApple Musicもどちらも有料プランで見ていきます。なお、YouTube Musicの有料プランはYouTube Music Premiumといいます。

聞ける曲が他より多い

youtubeにあがっている曲をオフライン再生で聴ける!という触れ込みでyoutube musicが登場。(もちろん、音楽以外の音声も聞けます。)今まで非合法なアプリにそういった機能があった気もしますが、これで合法的に聞けます!
これの何がいいって、他の定額制ストリーミングアプリで配信されてない曲でもきける曲もあるということです。繰り返しになりますが、youtubeにあがっていれば聞けるので、たとえば、MVもオフライン再生できます。
今までkpopであれば、Lovelyzの全ての楽曲、イダレソニョ(LOONA)の半分以上、laboumの一部が聞けなかったのです。邦楽であれば米津玄師ら今をときめくアーティストがかなり配信されていないです。特に邦楽は売れっ子の方が配信されてない気がします。例えば、宇多田ヒカルの最新アルバム、aikoは全ての楽曲が配信されてないです。それが一部、聞けるようになります。やったね!
配信されていない曲について詳しくはこちら

脱線:ユーミンから考える売れっ子にとってのストリーミングサービスとの上手い向き合い方
ユーミンこと松任谷由実は定額ストリーミングサービスで配信されています。昔のヒット曲は今さらCDで買おうと思う人は少ないでしょうから、CDで売れるところまで売ったと思います。でも、ユーミンの曲は配信されていたら聞きたくなるヒット曲が多いです。そして、それを示すように、クリスマス時期のApple Musicのランキングにユーミンの「恋人はサンタクロース」がランクインしていたのです!時代が変わって、予期していなかった延長戦に突入した、といったところでしょうか。
ユーミンクラスのヒット曲をかかえる大御所、特に大衆的な人気のある歌手にとってはメリットが意外と多いんじゃないか。特に季節、イベントものの定番曲を持っている歌手は定額配信に乗り出すべし。
そして、思うに、ここ数年のユーミンのCDを買っていた層とストリーミングサービスで聞く層がバッティングしないんですよね。CDの売り上げが落ちるリスクが少ないことが乗り出せた大きな要因だったと思います。
これってジャニーズを含めたアイドルにも言えることだと思っていて。CDの売り上げはファン(オタク)が買った分がほとんどを占めているという点はユーミンとの共通点です。ファン以外から売り上げを上げるってなるとCDよりもストリーミングサービスの方が気軽に聞けるのでハードルが低いです。また、ストリーミングサービスは知名度もあげやすくヒットも生み出す基盤になると思われます。アイドルこそ、ストリーミングサービスに乗り出すべし。もっとも、AKBグループ(iz*oneも含む)は既に配信済み。このメッセージは依然として排他的なジャニーズに向けたものです笑

動画を一時保存できる

音声だけでなく、動画(映像)を一時保存できます。私はMVをWi-Fiのない外で見ることがないためメリットは特に感じませんでしたが。

デメリット

iPhoneユーザは有料プランが少々高め

Androidだと980円、これは他と変わらないです。一方、iPhone(iOS)は1280円、200円高いです。年間で2400円、CD1枚分。これを高いと感じるかどうかは、あなた次第。

操作性が悪い(気がしなくもない)

普段、iTunesおよびApple Musicを10年以上つかっている私には慣れないのは当たり前です。Appleに飼いならされているだけ?それにしたって使いづらい気がするのです。Spotifyを使ったときはすぐに慣れたのに。YouTube MusicはApple MusicやSpotifyの操作が少し違うから使いずらいと感じるのだと思います。
私の場合は無料期間の1カ月だけYouTube Musicを使っていましたが、使いづらくて結局、Apple Musicばっかり使って最後まで慣れなかったです。
これ以降、書くデメリットも本当は使い慣れていないだけなのかもしれません。

別でCDやダウンロードした曲を一緒に管理することが不可能

Apple MusicはiTunesという基となる音楽プレイヤーがあるので、簡単に持っている音源を同期でき、一緒に聞けます。また、Spotifyもわりと簡単に取り込むことが可能なようです。一方、YouTube Musicはちょっと調べたかんじだと、なさそうです。

検索がしづらい

まず、Youtube Musicの特徴として、検索対象に動画があります。これが、大きな違いで大きなメリットなわけです。でも、その検索が音楽プレイヤーと考えるとちょっと不便です。検索の仕方はワードで検索してから、カテゴリで絞りこむかたちです。他と比べて大きな違いは「動画」というカテゴリ内がYouTubeなのでヒット数が段違いな点です。
動画の検索には慣れるまで時間が必要かも。音楽と関係ない動画がヒットしたり、音楽番組以外も上のほうに出てきて公式のMVが見つかりづらかったり、本当に探していたものが見つかるまでに少しだけ時間がかかります。音楽に特化したサービスなら、検索しやすさには改善の余地ありで、現状のままだと私は受け入れられないなと感じました。スマホの小さい画面で見ると、検索結果で動画のタイトルがフルで表示されないんです。フルで表示されないので一回クリックして確認しなくちゃならなく、この1クリックが地味に面倒です。
細かいことですが、検索結果をカテゴリごとに分断されていて、アーティストごとに見れないのも不満です。他のサービスでは下にスクロールすれば同じアーティストをまとめて見れます。

YouTubeにあがっていない曲もある 配信数はほとんど変わらない?

他で配信されていない曲もYouTubeにあがっていれば聞ける、というのがメリットではありますが、YouTubeになんでもかんでもupされているわけではありません。タイトル曲はMVがupされているので聞けますが、アルバムの曲はupされていません。非合法にはあがっていますが
kpopについてですが、タイトル曲のMVは大概、フルで公開されています。が、邦楽はショートバージョンがとても多いです。

結論

Youtube Musicはサブとしてはオススメ

今のところApple Musicの方が断然、好きです。ただ、操作性が一番気に入らないところなので、慣れたら(改善されたら)Youtube Musicがいいのかもしれないです。慣れていない今、サブとして使うならいいかも!という感触です。Apple Musicをメインで使って、YouTube Musicでしか聞けない曲をYouTube Musicで聞くというスタイルがいいのでは?ただ、Apple Musicの補完程度の使い方で1000円近く出すのはコスパが悪いので、無料版を使います。

kpopしか聞かない人は乗り換えるほどではないYouTube Music

kpopオタでkpopしか聞かない人に限っていうなら、配信数は変わらないのでYouTube MusicでもApple Musicでもお好きにどうぞ。完全に好みです。使い慣れているサービスがあるなら、乗り換えるメリットはないと思います。

関連記事

Apple Music, Spotify, melonを比較

読者になってくれると嬉しいです↓↓
読者登録