k-popの曲 レビュー 評価~あなたの好きな曲は☆いくつ?

ジャンル問わず音楽をこよなく愛する素人がkpopについてペチャクチャ感想をいいつつ、勝手に★をつけている生意気なブログ

Heroine / SUNMIのレビュー 評価 ソンミのステージングありきの曲 インパクトに欠ける

 

youtu.be

公式MVです

Heroine

Heroine

  • provided courtesy of iTunes

Heroine / SUNMI ★★★☆☆

 

一言 まとめ

 前回のヒットが裏目にでたのか?守りに入ってしまった感じ

ソンミの貫禄あるステージングで、この曲を昇華

評価とあれこれ

ちなみに当ブログでは、ソロを取り上げるのは初めて!

特に思い入れがあったわけではないのですが(ソンミさん失礼しました)

タイミング的にそうなりました

 

問題のパクリ騒動については、一通りHeroineのレビューした後で、最後に触れます

サウンド

イントロが何とも印象的
いい曲はイントロが良いともいいますなので、音楽的には、終わりよければ全てよし、ではなく、始まりよければ全てよし、ぐらいイントロは大事かと

ピアノ、ギター?、電子音が、不思議なバランス響き合い、雑多にかき混ざった感じです
この、いい違和感が人を引き付けます
この曲のイントロで、聞くのやーめたってならず、むしろ、気になる、聞いてみように持って行ってます

 

そこからのAメロはどこか、くぐもって聞こえます
そして、余韻が残るような、もっというと、空間で響く感じにアレンジしてあります

この響きから、もう既に、大きい空間にいる(曲の中で)ことを感じさせます

 

そして、ここは、ソンミが息つく間もないような、歌がなかなか途絶えないノンストップ感があります
畳み掛けるような激しさはありません
歌い方も話すに近く、覇気が弱いです

でも、これは、サビを印象づけるため

 

その後、サビからは、間をとり、歌い方も力強く緩急をはっきり入れます

さすが、実力者
サビのへーぃぇーぃぇーと聞こえる部分が響きます(日本語にするとダサくてすみません)
おそらく、聞いているものにも響くでしょう
確かに彼女がヒロインだと認めざるを得ない力強い歌声です

 

最後、アレンジが徐々に抑えられ、最終的にはボーカルだけになります
ショーが終わる寂しさを表しています

 

残念なのが

サビの後半、
バキバキの電子音を入れてきます
これが、何か馴染んでないんですよね、曲に
音色も何か違う気がしますし、もう少し音が低い方が似合うんじゃないのかな?と
どーんと、力強い曲を、中途半端に軽くさせています

 

そして、全体的に、引っかかる部分が少ない、というか弱い気がします

よく聞いたら良曲なんですが、インパクトに欠けます

ダンス

前回のgashinaのポーズが流行ったのを受けて、ポイントになる振りを入れてきました
鬼ポーズ、涙ポーズ、、、流行るかな?

正直、前回ほどのインパクトはないです

 

ダンスがすごいカクカクしてる部分があります
何ででしょうね?
カクカクさせる必要あったのでしょうか?
そこだけ残念です

 

それより、時折見せる笑顔がまぁ、素敵なんです
さすがに長いこと表舞台にいるだけあって、表情、魅せ方がわかっています 

MV

率直に言うと、インパクトにかけます
冒頭のシーン、無機質な空間で伸びやかに踊るなんて、今までよく見たシーンで、二番煎じな感じがするのはいなめないです

他にも、何か見たことある、みたいな既視感が至る所であります

もしかしたら、今まであまりなかったシーンなのかもしれないのですが、少なくとも斬新さがないです

 衣装

衣装というより、まず、ソンミが痩せすぎなんです

痛々しく見えるくらいです

この曲をそんな折れそうな体で披露されてもなぁ、って思います

歌詞の男に狂わされている感じを出したかったのなら正解ですが、MVとかステージでは力強い感じを出しています

 

で、衣装ですが、腕も足も出しすぎな気がします

セクシーさを出すために露出させようっていうのは分かるのですが、足か腕のどっちかだけにしておけば、痛々しい感じにはならなかったのでは?と思います

パクリ騒動について

これは私の一個人としての考えです。

そして、意図的に誰かの作品を盗んだ盗作には、怒りすら感じます。

許されないことです。

それを大前提としての考えです。

パクリについて(ソンミ抜きに)

韓国のパクリ騒動って、よそからしたら、勃発しているように見えます

でも、バレやすい環境であって、パクリの発生は他の国と比べて特出してる、とは言い切れないかな、と思います 実際に多い可能性もありますが

何せ、韓国は日本とは比べものにならないくらいのネット社会

すぐに比較、検証動画があげられ、あっという間に騒動になります

日本もここまでネット社会なら、もっとパクリが露呈しているかもしれません

 

とはいえ、故意がある、意識的におこなったパクリは許されません

 

ただ、出来た後に似てしまい、パクリと認識される事例って、普通の人が思うより、多い気がします

アーティストは独創的につくっているつもりが、いつの間にか似ていたということです

 

少し脱線しますが、よくアーティストはインタビューで影響を受けたアーティストを挙げます

そして、実際にその二者がどこか似ている曲調の場合もあります

 

今まで聞いてきた音楽が基礎となっていて、そのうえで作曲すると似てしまう、というのはある意味、自然なことです

大げさに言うと、育った家庭環境で考え方が決まるっていうのと近い気がします

聞いてきた音楽で、つくる音楽も決まる、そんなことがあってもおかしくないです

どこかで聞いたメロディが頭のどこかにこびりつき、時間が経つうちに自分がつくったと勘違いしアウトプットしたら似ていた、ということは、ありうる話です

それが、原曲とどこまで似ているのかで、パクリと言われて騒動になるかの境目になります

 

何が言いたいか、というと、パクリは非常にグレーゾーンなのです

 

似ているということを認めるのは簡単ですが、意識的に盗用したかどうかの事実は、本人のみぞ知る、です

それをしている、していないの証明は極めて難しいです

 

そのグレーなことをいいことに、他人の作品を意識的にパクっていいとはなりません

結局、アーティストの良心にかかっている問題です

Heroineのパクリ疑惑

検証動画を見たんですが、似てると言われれば似てる、って感じです

見る時点で、先入観があるので、ナチュラルに判断は出来ないのですが

サビの頭、우리 둘만의 이 영화에 (うり どぅr まに い よんふぁえ)からのメロディは確かに似てます

個人的には明らかにパクったな、という感じではないです

それに比べ、私が好きだったテティソは擁護できないレベルでした SM側の主張も何だかきな臭さが残って残念でした

ただ、パクったことがバレないように、かなりアレンジして誤魔化した、と言われれば、パクったのかもしれない、ってなってしまいます

 

今回、衣装も似ているっていうダブルパンチをくらっているんですよね

曲から衣装をイメージしたら、似てしまったって言われれば、そうですか、としか言えないですし

やっぱり、パクリかどうかは難しいです 開き直ってすみません

 

一つ言えるのは、ソンミの事務所、レコード会社は彼女を守るために、できる限りチェックするべきだったってことです

今や画像検索は出来るので、細かくチェックしたら、世に出る前にお蔵入りなり出来たかもしれないです

 

矢面に立たされるのはソンミです

彼女のイメージに大きく響きます

 

ただ、パクりかどうかを調べるのは表に立つ彼女の仕事ではありません、言うまでもなく裏方の仕事です

事務所が入念に調べた上で気付かなかったなら、どうしようもないですが、

調べていなかったのなら、あまりにも危機管理がされていません

聞き比べ この曲が気に入った方は聞いてみて

 散々、この曲はある意味、聴き比べられているので、今回は見送ります

(聞き比べ少なくなっていますが、無理なく続けていきます)