k-popの曲 レビュー 評価~あなたの好きな曲は☆いくつ?

ジャンル問わず音楽をこよなく愛する素人がkpopについてペチャクチャ感想をいいつつ、勝手に★をつけている生意気なブログ

OH MY GIRL メンバー プロフィール・性格まとめ

OH MY GIRL メンバー紹介

ファンミーティングに行った私が細かくOH MY GIRL紹介します

oh-my-girl

 こちらは、過去の曲の紹介です

こちらも合わせてどうぞ

www.xn--kpop-8x6f184j203c.com

 

ヒョジョン 

「oh my girl ヒョジョン」の画像検索結果

 

チェ・ヒョジョン

リーダー、メインボーカル

私の推しである(これは私の自己紹介ですみません)
我が家的には、乃木坂の白石麻衣ちゃんに似てると話はまとまっているが、世間的には違うと思う

仲間由紀恵に似ているってどこかで見かけたのですが、確かに
ちなみに、スッピンに近いと、かなり顔が薄くて分かりづらくなる
決してキリッとしたタイプの顔立ちではない

 

愛称はキャンディリーダー
というのは、いつも笑顔を絶やさないから

何と言っても、いっつも目をキラキラさせながらの笑顔は唯一無二

その目のキラキラ感は、
一般人の
わ~、美味しそうなのある~、とか
お金が落ちてる~の類いを純粋にした感じ
(彼女はお金持ちの子ではなく、お金には少々苦労していたが)

そして、曲の間、本当に笑顔を絶やさない
あまりに笑顔に必死なのか、1人1人へのファンサービスは分かりづらい
私に向かって笑顔を送ってるのかな~?どうかな~?
私に笑っているってことにしよう!となる

 

そして、リーダーでありながら、みんなから突っ込まれまくるキャラクター
リーダーを支えることで、このグループはまとまっているんだろう

 

これは完全にイメージであるが、

学校の学園祭の劇で主役を決めるとき、

彼女は主役やると決めているし、できると思っているものの、誰か私を推薦してくれないかなーって様子を伺っている

で、本当に友人がヒョジョンがいいんじゃないって言ったら、そうかな?そうかな?と言ってそうだ

というわけで、あんまりリーダーっぽくはないけど、みんなの輪の中心で愛されているような感じ 

 

とはいえ、リーダー

トークはしっかり盛り上げます
場の雰囲気を明るくすることに必死の彼女は、やっぱりグループのことを思うお姉さんである

 

ジニ

シン・へジン

ボーカル

 

脱退してしまって残念です

結局、彼女を生で見ることは出来なかった

ミミ

「oh my girl ミミ」の画像検索結果

 

キム・ミヒョン

ラップ、サブボーカル、メインダンサー

 

もはや、酒やけ?って思うほどハスキーボイス
にしても、ミミが出てきたときの盛り上がりよ!
前に出てくるだけで、くるぞくるぞって雰囲気になって、ミミはラップをしながら、会場を煽って盛り上げる

グループのボーイッシュ担当
このグループは、日本では比較的、女子のファンがいる方だが、ミミに対してはかっこいいって応援している様子
女子人気が高い人である

ラップの実力はもちろんだが、ダンスもとても上手
ユアとミミが上手いと評判だが、甲乙つけがたい

俯瞰して撮られた動画では、ダンスが上手いユアかミミにまず目が行く

そして、どっちを目で追うか悩む

ミミはキリっとした動きが得意な模様

 

そして、ミミはヒョジョンに次いで、お姉さん
なんとなく、ヒョジョンよりもミミの方がしっかりしてそうである
そんな彼女はアリンを溺愛している

ユア

関連画像

 

ユ・シア

リードボーカル・メインダンサー

小顔でアンニュイな顔立ち

最近、二重にしたことはファンの評価でも割れるくらい、一重(奥二重?)が似合っていました

眠そうな顔立ちとは裏腹にバキバキ踊る

しなやかな動きが綺麗なダンスが上手いのは有名

ダンスが美しく見えるのは、身長は低いのに手足が長いっていうのもある

でも、あえてそれ以外に触れたい


彼女はほーんとに冷静
仕事を仕事として全うしている、そんな感じです
これは、いい意味で
多分、彼女が芸能界にいなかったら、職人さんが向いているんじゃないかというくらい、繊細でひたむきな感じがする
ステージに立つと、誰よりもファンを細かく見ている
冷静にファンを観察し、ファンのボードにしっかり反応し、ほんとに優等生である
彼女がファンの期待に応えようと全力の笑顔をつくると、目が無くなるくらい目を細めて、泣き笑いしてるかのような独特の笑顔になる
決して、人気におごることなく、地道にファンひとりひとりにレスポンスを送る姿に、一見さんもライブに行けばすぐにコアなファンになってしまう
彼女はoh my girlの入り口であるが、その世界は密室、出口などない 出口があるとすれば、彼女が引退するときであるだろう

 

性格については

先ほどの劇の役争いで、

ユアは大役に興味ない、にもかかわらず、

誰かが、この役はユアじゃないと!と、結局、重要な役をやることになるイメージ

彼女を見たら、エースにさせたくなるオーラがある

実際、とっても顔が小さくスタイルがいいことは有名

スンヒ

関連画像

 

ヒョン・スンヒ

メインボーカル 

愛称はおスン

だが、我が家の愛称は、おかめちゃん
全く失礼な話であるが、素朴な顔立ちで母が呼びはじめた
その後、親近感がわき、段々と見慣れていくにつれ、娘のようなかわいい存在に
今では、おかめちゃんが全然うつってない!と母が怒るくらいのファンになった

前置きが長くなったが、段々とよさがわかるようになってくるメンバー

 

そして、OH MY GIRLのメインボーカルである彼女の歌声は魅力的

とっても透明感のある歌声で、声量もすごい
透明感と声量のどちらも両立させることができるのは希有な存在かと
彼女がいないと、爽やかなイメージのおまごるの曲は成り立たない
歌において重要人物

そんな彼女も、歌い終わると普通の女の子になる
トークでは、ヒョジョンと一緒に、盛り上げる
そして、慣れない日本語でも全力でおどけて見せる

 

非常に明るいひょうきんな子です

サイン会で他のメンバーで止まってなかなかスンヒの前にやって来ないファンに、大声で悲しいなぁ!と大げさに悲しんで、強引にファンをはがして持ってくる姿には会場だけでなく、Twitterまで沸かせた

最早、その芸が見たくなる

そんな頑張る姿に応援せざる得なくなる

私自身、歌が上手!って言ったら、キラキラした目でありがとうございます、と言った目にやられた

ジホ

関連画像

 

キム・ジホ

リードボーカル・リードダンサー

 

ほんわかしたグループに、きりっとした、分かりやすい美人さん

割とおでこ出してる髪型
河北麻友子に似ている、かなり


何と言っても、特筆すべきは日本語力
どこで学んだらそうなったの?というくらい、語彙力がある

おそらく下手な日本のおバカタレントよりはある
矢継ぎ早にぽんぽん日本語でて、ノーマルな日本人からすると、最早、早口級
イメージとしては、芸人みやぞんが何言ってるか分からないくらいのときと変わらないくらい早いスピードで、異常に丁寧な言葉選びをして話すといったところ
(ジホはこのくらいの一文を一気に話す)
もう少し、ゆっくりでもいいんだよ?

日本語の上手っぷりからも分かるとおり、非常に聡明

サイン会では人生相談をする人が多数 

 

おそらく、ユアかジホが事務所としての、OHWYGIRLのアイコン的存在に置いている(次点はアリン)
デビュー曲Cupidのサムネはジホである
彼女は、ビジュアル、歌、ダンス、どれもオールマイティにこなせるタイプの優等生

ビニ

「oh my girl ビニ coloring」の画像検索結果

 

ペ・ユビン

サブボーカル

 

ほとんどボブな彼女は髪型で分かりやすい

おめめが大きいのも彼女の特徴
個人的には、今流行りの吉岡里帆の要素があると思う(とファンミで思った)

なお、最近思うのがとにかく痩せている

心配になるレベル

 

帰るまでがライブですよを地で行く人
キャンディリーダーが曲中、ずっと笑顔を絶やさず、愛嬌を振りまく一方、彼女の本番は、実は曲以外ではないか疑惑もあがるほど、曲以外も楽しませてくれるエンターテイナー
1番最後に舞台を降りるのは、決まって彼女
最後の最後にファンの視線を独り占めし、愛嬌をふりまく
番組収録では、曲の始まる前から自分のチッカメにハートやらおとぼけ顔やらアピール

彼女に隙はない
それもそのはず、彼女は子役上がり、芸能界で生き抜く術はすでに身につけている
可愛い見た目に反して、割と男っぽい大げさなリアクションしてるイメージ
特に笑い方は豪快に手を叩きながら笑っていた

アリン

「oh my girl アリン」の画像検索結果

 

チェ・イェウォン

サブボーカル・リードダンサー

 

ビーフェイスの持ち主

ユアが二重になった今、おまごる唯一の奥二重

 

愛称 アリン姫

労働環境よすぎじゃないか問題
女子の職場といえば、人間関係に悩まされるもの
特に年下はお局様のご機嫌うかがいに必死である

しかし!
oh my girlちゃんは、どうやら、逆なんじゃないか
末っ子のアリン姫は、愛くるしく、幼いというか、限りなく赤ちゃんに近いベビーフェイスで、ファンからも人気者
そこで、お姉さまたちは、ひがんで虐めるのかと思いきや、、、

お姉さまが彼女のファンである

もはや、職権乱用というか、ハラスメントというか、メンバーであることをいいことに、ひたすら抱きつく機会を伺っている
メンバーが口を揃えて、かわいい、かわいいと公言する
そんな過保護な環境で今日もすくすく育っている姫

最近は、赤ちゃんっぽい雰囲気がだいぶ薄れ、大人っぽくなった

それを、ファンは嬉しく思ったり、ちょっと残念がったりしている

 

にしても、少々甘やかされすぎでは?

まぁ、かわいいから、いっか笑

曲のレビュー記事

いつもは曲のレビューをしてます

こちらを読んで頂いて、おまごるの世界にハマって頂けたら嬉しいです

最新曲の応援、よろしくお願いします

www.xn--kpop-8x6f184j203c.com

その他の曲もまとめてあります

www.xn--kpop-8x6f184j203c.com

 

 読者になってくれると嬉しいです↓↓