k-popの曲 レビュー 評価~あなたの好きな曲は☆いくつ?

ジャンル問わず音楽をこよなく愛する素人がkpopについてペチャクチャ感想をいいつつ、勝手に神様の視点で★をつけている生意気なブログ

Listen to my word(A-ing) / OH MY GIRLのレビュー 評価

 

youtu.be

公式MVです

 

Listen to my word / OH MY GIRL ★★★★☆

 

一言 まとめ

アリン姫メインのひたすら可愛い曲

たまには、愛嬌たっぷり可愛いだけの曲もいいかも

原曲のよさを活かしたアレンジは秀逸

評価とあれこれ

まず、ご存知かも知れませんが、カバー曲です

オリジナルはpapaya先輩です

サウンド

 オリジナルと比べて聞いたんですが、

聞けば聞くほど、違いが分からなくなりました

もはや頭おかしくなりそうだったので、途中離脱

 

第一印象としては、オリジナルは、レゲエ色が強めで、南国のゆったりした感じがします

(ただの感想ですみません)

 

その上でおまごるver聞いていきます

イントロや間奏は少しポップにアレンジされている程度

Aメロなどはほとんど変えてない気がします ユアの남자친구 얘기(なんじゃちんぐ いぇぎ 彼氏の話)がちょっとアレンジの音を付け足してます

使っている楽器もほぼ同じ

 

サビのアレンジはレゲエ色を削っています

そのかわりポップにしてきたと思います

この曲は今までよりも、低音がとっても少ないです

高音が多めの編曲で、明るい雰囲気を出しています

 

ただ、一部、がっつり低音を響かせているところがあります

ラップの部分です

ここで重低音でしっかりリズムをとることで、ラップのよさを引き立てています

 

ミミのラップの部分はオリジナルにない完全に新しいパートです

そこが他のパートとも自然に馴染んでいながら、ミミのラップのかっこよさが光っています

今回はカバーなので編曲が肝になってくるわけですが、

おまごるの明るくてはつらつとした若さにあうサウンドでよい編曲です

おそらく、カバーをやるということは、オリジナル世代に知ってもらう意図があったのでしょう

原曲を壊しすぎずに上手くアレンジしたのは、いい判断だと思います

壊しすぎるとpapayaのファンの方の反感をがっつりかってしまいかねません

 

そして、忘れてはならないのが、

スンヒのラストのサビ前の우리를 부르잖아(うりる ぷるじゃなー)

こんなにポップで楽しい曲なのに、スンヒの歌唱力を出せるパートです

生で聞くと、このパート、とっても響いて感動します(そういえば、来日したkpopのアイドル達は、よく感動って単語を使いますよね)

 

 

ダンス

こちらは、全く原型留めてません

でも、いつもより緩い振りになってます

だからこそ、メンバーの表情がゆっくり楽しめます

この曲は愛嬌たっぷりに披露できるという点では、他の曲より群をぬいてます

そこで、末っ子アリンをメインにしたのも、事務所は分かっているなぁと思いました

とくに、アインは、可愛すぎです

他のメンバーから、ひょこっと顔を出す振り、手をバタバタさせる振り、全部可愛いです

とくに、全体で見ると泳いでいるような振りは独特で、覚えられやすいところもいいです

 

個人的には、次点でリーダーのヒョジョンの愛嬌も好きです

2番 아니야 어제  (あにや おじぇ)からのジニのパートで、ヒョジョンがジニを必死につんつんしている振りと表情、ジニには悪いけど、ヒョジョン見てしまいます

歌詞

 要は、幸せな私の話を聞いて!って曲ですが、

これが、アリンの自由気ままな感じにあってるんです

アリンが、お姉さんたち、聞いてよ~、聞いて~って姿を想像するのはファンには容易なことです

可愛いから聞いちゃうっていうところも含めて、アリンの魅力だと思うのですが、アリンにぴったりな歌詞です

 おそらく、おまごる史上、一番幸せな歌詞です

こういう、ただただ幸せな曲で、愛嬌たっぷりのパフォーマンスもたまには見たいです

衣装

今回はマリンテイストの制服

特別、凝っているわけでもないのですが、制服ってだけで、かわいく見えるマジックです

聞き比べ この曲が気に入った方は聞いてみて

アンダー・ザ・シー / グレゴリー・アイザック

このaingってなんか聞き覚えがあるなぁ、と思っていたのですが

なんとなーくですよ、なんとなく、

ディズニーのアンダー・ザ・シーに雰囲気に近いなと思いました

とにかく、可愛くて、ポップで、みんなが楽しめるって感じが、aingからディズニーを思い出したんだと思います

ついでに、どっちも海の曲ですし

ディズニーの曲っていろんなアレンジがあるので、

こちらもご丁寧にレゲエverがありました 

アンダー・ザ・シー

アンダー・ザ・シー

  • provided courtesy of iTunes

 

 おまごる特集、続きます