k-popの曲 レビュー 評価~あなたの好きな曲は☆いくつ?

ジャンル問わず音楽をこよなく愛する素人がkpopについてペチャクチャ感想をいいつつ、勝手に神様の視点で★をつけている生意気なブログ

Playing With Fire / BLACKPINK のレビュー 評価 スローテンポなのにノレる曲 気だるい感じがBLACKPINKにお似合い

 

youtu.be

公式MVです

 Playing With Fire / BLACKPINK ★★★★☆

一言 まとめ

あんな派手派手な見た目、タイトルなのに、

気だるさが混じって、洗練された曲をもう一歩上に昇華させた良曲

スローテンポでもしっかりダンサブルな仕上がり

 ていうか、ほんとに2018/01にカムバするのかな?

評価とあれこれ

サウンド

 印象的なピアノのイントロからいきなり引き込まれます

 

それから、トロピカルハウスをとりいれたサウンド
これは、他の方も指摘されていたので、確かです
いつも、ぐだぐだ言いながら、音楽的知識がほとんどない私は自信がなくて間違ってないか怯えていたりします笑
なので、気楽に読んで、間違っていたら指摘していただけると嬉しいです

これ、トロピカルハウスって流行りのEDMの一つのジャンルなので、リズムにのれます
そして、歌い手のメロディより、アレンジの方にフックがかかっています
なので、最初は、アレンジのシンセサイザーの音の方が耳に残るような気がします
というのも、シンセサイザーは何回も同じメロディを繰り返しています
その分、歌い手のメロディは力まず、自然体で歌えている感じです
だからこそ、彼女達の歌唱力の高さをここでも遺憾無く発揮しています

 

そして、テンポがゆっくりしているのもトロピカルハウスの色が出てます
どこか、ゆっくり気だるい感じがBLACKPINKにすごく似合っています
おそらくBLACKPINKってかわいい系より、美人系なので、気だるい感じがにじみ出ているのかな、なんて思います

 

洋楽志向について


これは、BLACKPINKに限らない話なのですが、というより、BLACKPINKから少し離れる話題です
でも、ここで触れます

 

この曲は、とにかく洗練されているので、曲自体は好きですし、いい曲だとは思うのですが、
何かちょっと寂しいんです


最近、大手事務所のグループを中心に洋楽志向の曲が多いです

kpopの必死でフックをかけにいってるサウンドが、これから少なくなるのかな~って

 

思えば、私の好きな少女時代は最後まで、強い弱いの程度の差はあれどフックがわかりやすくかかっていました
kpopの王道であり、これから、少女時代の曲はどんどん過去のkpopになるのだと思います


それは当然として、でも、海外からkpopを聞く層の一定数は、こういった、わかりやくkpop感のある曲を求めているはず

kpopは、今後、どれだけkpopらしさを残すかのバランス感覚が問われる気がします


最新の洋楽に真っ向勝負を挑んだところで、負けるのは仕方ないです
あちらは、有名アーティストはお金もかけられる、競争相手が韓国の比でないくらい、たくさんいる等、洋楽全体の成長やトレンドのスピードは速いです
そこら辺は、日本、韓国も含めたアジアの市場規模の小さな国が簡単には戦えません

 

それを踏まえた上で、私個人としては、色んな国の影響を受けつつも、最終的にはみんな違って、みんないい、をそれぞれの国で確立させた音楽が聞きたいです
私がタイまで音楽に手を出すのは、それが所以です
音楽の異文化交流をしている感じです

他の国に染まりすぎるのは、なんだかな~と思います

ダンス

 ゆっくりとしたテンポで、そこまで激しくない振りをきっちり魅せる力量はさすが
ゆったりとしていて、なんだか、勝者の余裕すら感じます
これが様になるのって、なかなかいないはず
人とは思えぬ、実力、貫禄がこのダンスを完成させています

 

最近、大所帯のグループが乱発されていますが、少人数でも力量があれば充分魅せることが出来るし、なんなら迫力だって出せるんだ、と証明してくれています

ほんと、かっこいい

大所帯にしかできないこともありますが、こんだけ人数いれば、人気者でるだろう!みたいなのは好きじゃないです 

MV

MVは製作者の色彩感覚がすごいと思いました
どこか、もやがかかった雰囲気がするMV
どのぐらい、色をはっきり出すかのさじ加減が難しくなります
が、それがすごく上手で違和感なく、色んなシーンが繋がっています
青の中でも、そのシーンにあったトーン、色味をバシッと決めてます

 

そして、

昼間がない!
薄暗い水辺に1人たたずむ姿はなんとなく孤独を感じます
これが、晴れて明るい水辺だったら、ポジティブな捉え方ですが、今回はどちらかというとネガティブな感情を表しています
でも、美しい
ネガティブな感情の表現が非常に美しい

最後、目覚ましがなるのは、現実に戻ると言う意味を暗示してそうです
つまり、やっぱり遊びだったのかな

 

ダンスシーンも綺麗なセットです
床に水をまいて、その水に炎が反射してるところが特に綺麗です
が、これって滑って踊りづらいはず
メンバーはもちろん、大道具あたりのスタッフの努力があったと思われます

 

聞き比べ この曲が気に入った方は聞いてみて

firestone / kygo

散々、トロピカルハウス、洋楽について書いたので、トロピカルハウスのこの曲をあげました

多分、誰か、どの検索エンジンでトロピカルハウスを調べても出てくる、言わば草分け的存在

 

これがクラブで流れたら、サビの後のシンセサイザーで盛り上がるんだろうなぁって、ある意味わかりやすいです

 

この曲って、トロピカルなんですが、どこか切ない感じも混じってそこが私は好きです 

 

Firestone (feat. Conrad Sewell)

Firestone (feat. Conrad Sewell)

  • Kygo
  • ダンス
  • ¥250

 関連記事

www.xn--kpop-8x6f184j203c.com

 

 読者になってくれると嬉しいです↓↓