k-popの曲 レビュー 評価~あなたの好きな曲は☆いくつ?

ジャンル問わず音楽をこよなく愛する素人がkpopについてペチャクチャ感想をいいつつ、勝手に神様の視点で★をつけている生意気なブログ

2018年kpopを振り返り!各グループの総評(女子のみ)

2018年kpopを振り返り!各グループの総評(女子のみ)

タイトルの通りです!もう2018年も終わりで年末の賞レースを見ていて、私も振り返るか!となりました。ざっくり、まとめつつ、私なりのグループの課題も考えてみました。

まずは3大事務所を振り返ります。 

SMエンターテインメント

少女時代

ようやくカムバしました。が、5人のユニットでのカムバ(ユニットデビュー)というかたち。ファンとしては9人は無理でも8人でいいから集まってほしかったです。(ジェシカさんは遺恨をのこして脱退している感がすごいのでね、、、)

昨年から引き続きソロ活動が充実した1年となりました。テヨンのソロは大ヒット、ソロコンサートも大成功。ユリもソロデビューしました。事務所を出たティファニーもソロで2作出しました。

このグループはグループとしての活動の充実をファンが望んでも厳しいのでしょう。来年は肩の力をぬいて成績も気にせず、マイペースに活動してくれればいいです。なんらかの形で表舞台にたってほしいものです。

Red Velvet

終わり良ければ総て良し、と言いますが、レドベルに関しては終わり悪ければ総て、、、。最新曲、RBBが信じられないくらいに売れていません。あのレドベルが売れない!と話題になるほど。だって、Music Bangの活動2周目(チャートの対象に初めてなる週)で22位でした。まじかよ。この曲のサビのわかりずらさがヒットにつながらなかったと私は考えています。レドベルはなにを出しても売れるTWICEレベルにはまだ達していないということです。

でも、他の2曲の成績はよくて、ちゃんと1位をとってきました。なにが起こるかわからないkpop界。事務所が焦って、ザ・kpopな曲を次のカムバで持ってきたらダメだぞ。レドベルは挑戦してこそです。

来年は、もっとTWICEの人気に近づけるかどうかに注目したいです。SMの事務所の大きさを考えると人気の面でものたりなさを感じます。

 

JYP

TWICE

働かせすぎ。日本デビュー後、日本でリリースイベントをして、ツアーもして、それだけでなく韓国でも3回カムバ。恐ろしや。そんな状況でナヨンが印象的でした。ナヨンは今まで機嫌がわるいときの態度を指摘されてきましたが、彼女はどんなときも強気な笑顔をたやさないです。覇気がある笑顔、キャラにもあっています。この1年、彼女の強さに一目置いてしまいました。※私はナヨンペンではありませんが。

どの指標をとっても、女子グループ、ダントツでトップの成績。来年もけん引していくことでしょう。

今後は、個人の活動を増やしていけるかが大事だと思います。ただ、この仕事の入れ方はグループ活動オンリーの方針でしょうね。彼女たちのグループが解散したとき(遅かれ早かれ、どのグループもきます)、このままだと一部のメンバーをのぞいて個人の活動が困難になります。

ソンミ

ソロですが、この人をはずして今年のkpopを語れないと思いました。昨年の大ヒット曲カシナの勢いをそのままに今年も駆け抜けました。ヒロインもサイレンもどっちも1位をおさえていきました。彼女が1位になると、彼女の天然な部分が存分にでて、おもしろくて好きです。

彼女はこの熱を維持することが来年の課題でしょう。 

 

YG

BlackPink

2018年12月現在、ジェニが炎上しています。素材は集まっていて、ソロデビューで注目されているタイミングで満を持して炎上といったところ。炎上内容は、ジェニの誰がどう見てもダンスを手を抜いていることです。これにはファンも擁護できまい。それでも、グループ1人気の彼女はほかのメンバーをさしおいてソロデビューし、しっかりヒットさせる。ついでに1位もとっちゃう。なにか問題をおこしても、実力でねじ伏せていく感じはYGっぽいですね。

このグループはカムバの感覚があいてしまうので(本人は悪くないぞ)来年はたくさんカムバしてほしいです。レドベルの一件もあるので、BlackPinkもいつカムバしても売れる、なんて言いきれないとおもうのです。

 

他のグループの2018年振り返り

www.xn--kpop-8x6f184j203c.com

 

去年2017の振り返り(時系列) 

www.xn--kpop-8x6f184j203c.com

www.xn--kpop-8x6f184j203c.com

 

また今度、他のグループも振り返ります

読者になってくれると嬉しいです↓↓