k-popの曲 レビュー 評価~あなたの好きな曲は☆いくつ?

ジャンル問わず音楽をこよなく愛する素人がkpopについてペチャクチャ感想をいいつつ、勝手に神様の視点で★をつけている生意気なブログ

メリクリ!いろんな国のいろんな時代のクリスマスソングまとめ レビューもしてみました

 はじめに

 

いつものkpopレビューではありません!

すみません、あさってはいつも通りの記事をあげます

色んな国のクリスマスソングまとめ

といっても、私の感想に近いです

悪しからず

kpopに興味のある方は、韓国とアメリカのところをご覧ください

アメリカ編はkpopに似ているところがあるので、意外と楽しめるかもです

 

 

まず!いつもレビューしている

韓国

 White / Fin.K.L

 

 

韓国のクリスマスソングと言えば、この曲ではないでしょうか!

定番カバーソングです

最近だと、OH MY GIRLちゃんが企画ものアルバムでリリース

Lovelyzちゃんも確か音楽番組でカバーしてます

 

この曲はバックで金管の音がゴージャスに仕上げてます

シャンシャン音がなってて、クリスマスって感じがします

でも、こんな可愛い曲でもラップをぶち込んでくるのがkpopらしい

ラップはアクセントになってて私は好きです

 

歌詞は幸せいっぱいのカップルの曲

アイドルはクリスマスだけはめそめそ悲しいクリスマスソングはではなく、

ハッピーな曲で、たっぷりの愛嬌でお茶の間を温かくしてほしいです

 

ちょっと言わせていただきたい

クリスマスソングはkpop色うすめですよね?

 

しつこいくらいの繰り返しのパートに聞きなれている私には少々物足りない

でも、家族みんなで聞くには、ゆったりとしてて、あんまりうるさくない曲がいいのかも

韓国の年齢が高い人は、スローテンポなバラードがお好きです

 

 Fin.K.Lの本家verは昔の曲だからかiTunesでは配信されてないです

ので、私が好きなOH MY GIRLちゃんカバーを紹介

このアルバム、他の曲も手が凝ってて好きです 

なお、ミラクルさん、年始はカムバに向けて過去の曲レビューを怒涛のラッシュで挙げる予定です 

화이트 White (feat. 엠타이슨)

화이트 White (feat. 엠타이슨)

  • ハハ & OH MY GIRL
  • K-Pop
  • ¥250
  • provided courtesy of iTunes

 Fin.K.L(ピンクル)について

DSPメディアに所属していた女性4人組グループ

つまりKARAのお姉さん的グループ

その当時は、国民的アイドルとして人気が高く、メンバーは今でも個人活動で頑張っています

そうそう、

DSPメディアは昔からSMとライバル視して、実際、いつもいい勝負をしてきました

が、最近はいい勝負してないですね

今は稼ぎ頭がいない状態

頑張ってkpop界を盛り上げてほしいです

 

日本

 

悩みました

日本に住んでいるので、やっぱり日本のクリスマスソングをそれだけ聞いてきているわけですから、選択肢が多すぎます

なので、色が異なる曲をチョイスしました

 

まずは、みんなが知ってる、あの曲を改めて紹介

そして、歌詞に注目してみましょう!

恋人がサンタクロース / 松任谷由実

この歌詞の意味、とらえ方の違いがあると思います

ですが、素直にとらえたもので、ざっくり言うと

恋人の彼が家に迎えに来て、(プロポーズし、)彼女はお嫁さんとして家を出ていくことになりました

 

ってところだと思います

"今夜 8時になれば サンタが家にやってくる"からの

”ある日遠い街へとつれて行ったきり”

という部分がそう解釈できます

 

ですが、私は他の部分を注目したい!

となりのおしゃれなおねえさん

サンタなんて来ないよという、こまっしゃくれた「私」に、

おねえさんは、あなたもわかるわよってウインクする

 

なんだか、かっこよくて、ウインクしちゃうところも茶目っ気があって、素敵です

 

昔、私はこれに憧れたものです

もっと分かりやすいイメージだと、クレヨンしんちゃんのななこ姉さん

近所でも、評判のきれいで感じのいいお姉さん

憧れたんですけど、なれませんでした笑

私は子供に余裕を持って接することは出来ませんでしたし、そもそも綺麗でないので

 

でも、この「おしゃれなおねえさん」、今の日本だと絶滅危惧種だと思います

近所付き合いなんて少なくなりましたし、知ってても、雑談するほどの仲じゃないってところが今の社会だと思います

若い子だと、このイメージを実感したことがないかもしれないですね

 

 昔のいい雰囲気が曲に現れていて、こんな日本もあったのかと覚えておきたいと、曲が流れるたびに思います

 

オリジナルverはまたしてもiTunes紹介してなかったので、カバーで

Flowerって、可愛いというより綺麗なイメージがあります

このカバーは曲のイメージとあってて、いいと思います

他にも、松田聖子さんもカバーしてたり、カバー曲の定番の一つです

恋人がサンタクロース

恋人がサンタクロース

  • Flower
  • J-Pop
  • ¥250
  • provided courtesy of iTunes

 

松任谷由実について

今更、説明しなくても大丈夫だと思うので、とばします

 

まだ行きましょう

今勢いにのっているお方の曲です

サンタマリア / 米津玄師

 

一筋縄ではいかないクリスマスソングです

イメージとしては、よくある恋人同士が楽しんでる曲とは異なる、クリスマス本来の意味に近い、祈る歌です

イントロからして、急に音なしの技がしこんてあって、度肝を抜かれます

初めて聞いたときは、電子加工がこんなに自然にバラードになじむのかと感動しました

バイオリンらしき音をさりげなく盛り込んであって、神聖なイメージを加えてます

歌詞も、対になる言葉がたくさん散りばめられていて印象的です

ちなみに、ですが、話し方が9割という本で、逆の言葉を言う手法で言葉を強いメッセージにするということが詳しく書かれています

これ、日常でもビジネスでも使えて、オススメです

伝え方が9割 [ 佐々木圭一 ]
価格:1512円(税込、送料無料) (2017/12/23時点)

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

 

脱線しました、すみません

サンタマリア (ALBUM VER.)

サンタマリア (ALBUM VER.)

  • 米津玄師
  • J-Pop
  • ¥250
  • provided courtesy of iTunes

米津玄師について

ボーカロイド界の希望の星

もともと、ニコニコ動画初音ミクボーカロイド曲を投稿し、何千万回の再生というニコニコ動画でヒットしました

その後、メジャーデビュー

TSUTAYAでは、ボーカロイド発ということでしばらくの間アニメソングのボカロの枠に置かれるほど、一般に受け入れられるのは程遠いと私は勝手に思っていました

まじ、読み方分かんねーと思っていました よねずげんし、です

ところが、2016年リリースLOSERで突如、一般リスナーから注目を集めることに

もちろん、その予兆はありました

MVで披露した、何とも言えない独特のダンスパフォーマンスが注目を集めた要因の一つと言われています

2017年、岩井俊二原作のドラマをアニメ映化された、打ち上げ花火、下から見るか?横から見るか?の主題歌として打ち上げ花火がリリースされ、大ヒット

レコ大で優秀アルバム賞を受賞し、名実ともにヒットメーカーの仲間入りをしました

 

もうちょっと、いきましょう

クリスマスなんて大嫌い!!なんちゃって/ CRAZY KEN BAND

 

誰も言えなかった本音をぶつける、さすがケン・ヨコヤマである

とはいえ、サウンド的には王道のクリスマスソングである

鈴の音がシャンシャンとなる

 

そして、大嫌いとか言いながら、歌詞はクリスマスに期待する、なんてかわいい男なんだろう

というか、ちゃっかり「君とふたりきり」である

絶対、付き合ってなくても上手くいくパターンである

こんなやつが嫌いという権利があるのだろうか

惚気かよ

まぁ、がんばってください

 クレイジーケンバンドについて

大人は知っているだろうが、お子ちゃまむけに説明

イケてるおじさん軍団である

曲調は、歌謡曲からジャズ、バンドまで、いろんなジャンルを取り入れたごちゃまぜで、でも何だか上手くまとめてある

 言ってしまえば、かっこよければ何でもありってところ

どの曲も懐かしい感じがするのは共通

一番、有名なのは、タイガー&ドラゴン

俺の!俺の!俺の話をきけぇぇぇぇ~ってところで思い出す者もいるだろう

同名のドラマの主題歌に起用された

なお、個人的にである調が似合うので、ここの部分だけである調である

けして冒涜などしていない

 

アメリカ

洋楽は有名な曲だらけです

あえて、若い人に馴染みのない曲にしました

kpopに繋がる部分もあるのでこの曲に

 

Let it snow / フランクシナトラ

映画ダイ・ハードに挿入歌として使われウィンターソングとしてダイ・ハード世代には有名です

厳密にはウィンターソングであって、クリスマスソングとは明言されてないですが、

シナトラは数多くのクリスマスソングをカバーしてきたので、取り上げました

 

さて、この曲、どこがkpopに繋がるのかと言うと

Let it snow Let it snow Let it snowと同じフレーズを繰り返しているんです

kpopに比べ、大人な雰囲気ですが

 

同じリフレインでも、kpopとは大きく違って面白いです

 

バックのオーケストラのようなサウンドがクリスマスのゴージャスな感じがします

そして、彼の他の曲以上に軽快で軽やかなところもまたクリスマスのみんなが浮足立った感じにぴったりです

 

一方、歌詞は何ともエロいです

このイメージ、シナトラに似合います

 

Let it snowって雪ふれよ!って意味です

何故か、

キスまでした女を家に帰したくないから

なんです

大人はおそらく、この意味を深くわかるはずです

 

雪がたくさん降って吹雪の中、帰れない状況にさせたいんです

 

Let It Snow! Let It Snow! Let It Snow! (with The B. Swanson Quartet) [Single Version]

Let It Snow! Let It Snow! Let It Snow! (with The B. Swanson Quartet) [Single Version]

  • provided courtesy of iTunes

フランクシナトラについて

もうすでに亡くなっている方なので、日本人はどの世代まで知っているんだろう状態です

ですが、母国アメリカだけに留まらず世界的にヒットした彼のことは、アメリカを代表する歌手としてアメリカ人なら誰もが知っている存在です

ジャズシンガーの彼の持ち味は、腹の底からはいあがってきたような、深みのある歌声

歌唱力も一級だが、人前で立つときの圧倒的オーラと、気持ちのいいアドリブのアレンジで、会場を沸かす本物のエンターテイナー

一方で、ダークなイメージも強いです

世界一歌の上手いマフィアと揶揄されるほど、マフィアとの関係が深いです

ケネディ大統領の暗殺の原因に関係した噂も流れたが、シナトラの死で、真相は完全に闇に葬られました

ちなみに、私が大好きな歌手です しかも、おじいちゃんも好きだったことをハマってから知る

血はあらがえないようです

 

 

 めちゃくちゃ長くなってしまいました

力尽きたので、明日は7割の確率で、臨時休業します

いつものレビューを楽しみにしていた方、すみません

出来るだけ曲のレビューを増やします

最後に、

ハッピーメリークリスマス!